歯科の言ううがい効果

歯科がすすめる重曹うがい

歯科医もおすすめ重曹でのうがい

重曹によるうがいは歯科医もおすすめするほどの効果があります。歯を白くする以外にも、口臭を予防することができます。食後から数時間経過したときに、唾液の量が少なくなります。このとき、口の中が酸性になっています。起床後に口臭がひどくなるのはこれが原因です。中和するためには弱アルカリ性が必要になります。重曹は弱アルカリ性なので、就寝前にうがいをすると効果が発揮されます。そして、ホームセンターやドラッグストアで販売されているので、手軽に入手することができます。しかし、それでも効果が見られない場合は虫歯の可能性があります。その場合は直接歯科医に見てもらいましょう。

うがい薬の賢い使い方

歯科医療の観点から言えば、歯周病の治療においては残念ながら、うがい薬に歯周病を治癒する力はほとんどないと言えます。歯周病菌を死滅させるほどの強力な殺菌力を持たせると、含漱薬自体が大変強い刺激を持つものになってしまうからです。味も大変苦くしびれるような感覚があり、口にできるものではありません。含漱薬は治療よりも予防の意味合いが強いと言えます。歯周病の進行をブラッシングと、お口の中を清潔に保つことができる含漱薬を併用していくのがベターです。治療を歯科医院で行い、治療後、再発を防ぐことを目的とした使い方もうがい薬の賢い使い方と言えます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科のうがい薬で良い効果 All rights reserved