歯科でのうがいと殺菌

歯科がうがいを勧めるわけ

歯科の言う殺菌効果の高いうがい

外から帰ったらまず、手洗いとうがいをしましょう。そのようにご家庭や学校で教えられたという方は多いのではないでしょうか。風邪をはじめとした病気の予防に加えて、殺菌による虫歯の予防にも効果的であるうがいには、歯科医師おすすめの良いやり方があるのです。虫歯予防のために効果的なやり方として、水に重曹を入れるという方法があります。重曹はアルカリ性であり、口の中を酸性から中性に変える働きをしてくれます。虫歯の原因は酸であるため、口内の酸性を弱めることは非常に大切なのです。歯科医師おすすめのやり方を実践して、虫歯知らずの清潔な歯を保ちましょう。

歯科ではうがいをきちんと行う

歯科では、歯の治療の途中で、口をゆすぐように指示されます。これは、口の中に溜まった唾液や歯の治療中に溜まってしまった、水分や歯の削ったものが口の中に溜まってしまったため、それをきれいにうがいで取り除くためです。治療をしている歯医者も口の中にいろいろと溜まっている状態だと治療がしにくく、患者側も、口の中に溜まっているものが、喉にひっかかったり、飲み込んでしまう可能性もあるため、呼吸がしにくかったりとさまざまな問題が起きてしまいます。そのため、歯科では、治療の途中で口をゆすぐように指示するため、その場合には、しっかりと口の中をゆすぎ口の中をきれいにしましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科のうがい薬で良い効果 All rights reserved